ランドローバー「ディスカバリー」誕生25周年

世界各国のオーナーの提供映像を元にムービーを制作

February 1, 2020
December 9, 2022 Last modified

世界各国のオーナーの提供映像を元にムービーを制作

車

ランドローバーの「ディスカバリー」が、2014年11月20日、誕生25周年を迎えた。これを記念して、世界中のオーナーが提供した、壮大な冒険映像をもとに約4分間のムービーを制作。

今回、提供されたプライベート映像は世界36カ国からにものぼり、そのうち24カ国70人のものをムービーに採用。さまざまな環境で、目を見張るような冒険に挑戦する「ディスカバリー」を紹介している。



映像はどれも、汎用性に優れたファミリー向けSUV「ディスカバリー」が1989年にデビューした当初から撮影されたもので、例えば、日々の通勤シーンから大陸を横断する壮大なトレッキングに至るまで、多岐にわたっている。

「ディスカバリー」は、ラヌルフ・ファインズ卿、レイ・メアーズ氏、ベア・グリルス氏、モンティ・ホールズ氏、そしてベン・サンダース氏など、世界を代表する探検家たちに選ばれ続けている車であることが、世界中のオーナーが「ディスカバリー」を乗りこなしていることは映像で一目瞭然だ。

ランドローバーのマーケティング・コミュニケーションズ・ディレクター、ドミニク・チェンバーズ氏は、次のように語る。

「『ディスカバリー』の誕生25周年を記念して、『ディスカバリー』が世界中で挑戦した驚くべき冒険の様子を収めた動画を制作したいと思いました。検討する中で、『ディスカバリー』をしてディスカバリーたらしめている人々、つまりはオーナーの方々が、既に冒険を収めた映像を制作していることに気がついたのです。『ディスカバリー』の物語は、オーナーの方々が世界中で冒険し、その様子を撮影した何千というビデオ映像に隠されていたのです。『ディスカバリー』は、大切な存在としてオーナーの心のなかにあり、彼らの情熱や冒険心を伝えるためには、過去25年間のオーナーの冒険をまとめることが最適であると考えました」

●ランドローバーコール 
TEL0120-18-5568(9:00~18:00、土曜・日曜・祝日を除く)

※『Nile’s NILE』に掲載した記事をWEB用に編集し再掲載しています

ラグジュアリーとは何か?

ラグジュアリーとは何か?

それを問い直すことが、今、時代と向き合うことと同義語になってきました。今、地球規模での価値観の変容が進んでいます。
サステナブル、SDGs、ESG……これらのタームが、生活の中に自然と溶け込みつつあります。持続可能な社会への意識を高めることが、個人にも、社会全体にも求められ、既に多くのブランドや企業が、こうしたスタンスを取り始めています。「NILE PORT」では、先進的な意識を持ったブランドや読者と価値観をシェアしながら、今という時代におけるラグジュアリーを捉え直し、再提示したいと考えています。