「本物の木の家」で深呼吸

森林を訪れたときのような爽やかな空気を、毎日の暮らしにも感じられたら―。そんな思いを叶かなえるのが、ホンカのログホームだ。100%フィンランド産の天然木で建てられる本物の木の家は、一年中温度と湿度を快適に保ち、身体にも優しい住まいを実現してくれる。

April 19, 2022 Text Ayuko Miura
December 9, 2022 Last modified

森林を訪れたときのような爽やかな空気を、毎日の暮らしにも感じられたら―。そんな思いを叶かなえるのが、ホンカのログホームだ。100%フィンランド産の天然木で建てられる本物の木の家は、一年中温度と湿度を快適に保ち、身体にも優しい住まいを実現してくれる。

ログハウスというと、山小屋や別荘を思い浮かべるだろうか。だが近年、健康や環境への関心が高まるにつれ、自然素材を使った木の家―“ログホーム”を建てたい、という人が増えている。

1958年にフィンランドで創業して以来、世界50カ国以上で8万棟、日本でも4千棟を超える実績を重ねてきたログホームメーカー、ホンカ。ホンカの家は、森と湖の国フィンランドで育ったポーラーパインで建てられる。厳しい環境の中で成長するため断熱性、耐久性が高く、四季のある日本の環境にも最適だという。

  • ホンカ・ジャパン 本社 青山ショールーム 住所:東京都港区北青山1-2-7 コウヅキキャピタルイースト4F ホンカ・ジャパン 本社 青山ショールーム 住所:東京都港区北青山1-2-7 コウヅキキャピタルイースト4F
    オーナーのこだわりを実現したO様邸。インテリアデザイナーがコーディネートした家具は、北欧系ブランドも多くそろっている。
    ホンカ・ジャパン 本社 青山ショールーム 住所:東京都港区北青山1-2-7 コウヅキキャピタルイースト4F 
  • ホンカ・ジャパン 本社 青山ショールーム 住所:東京都港区北青山1-2-7 コウヅキキャピタルイースト4 ホンカ・ジャパン 本社 青山ショールーム 住所:東京都港区北青山1-2-7 コウヅキキャピタルイースト4
    オーナーのこだわりを実現したO様邸。インテリアデザイナーがコーディネートした家具は、北欧系ブランドも多くそろっている。
    ホンカ・ジャパン 本社 青山ショールーム 住所:東京都港区北青山1-2-7 コウヅキキャピタルイースト4
  • ホンカ・ジャパン 本社 青山ショールーム 住所:東京都港区北青山1-2-7 コウヅキキャピタルイースト4F
  • ホンカ・ジャパン 本社 青山ショールーム 住所:東京都港区北青山1-2-7 コウヅキキャピタルイースト4

安らぎを感じさせる木目と森の清々(すがすが)しい香りが、木の家の大きな魅力だ。だが利点はそれだけではない。天然木で造られた家は夏涼しく、冬暖かい。それは木に備わる細胞が呼吸し、一年を通して温度や湿度を快適に保つためだ。このことは、アレルギーや喘息(ぜんそく)の原因となるカビ、ダニ、ウイルスの発生を抑える効果も生み出す。アレルギー体質の人がログホームに住んだところ、いつの間にか体調の悩みが改善されたという声もあるという。

ホンカのログホームのもう一つの特徴は、デザイン性の高さ。日本の環境に合わせたモデル開発を行い、都市向けの洗練されたデザインも用意されている。木材のカラーも豊富で、メンテナンス時に大胆にカラーを変更することも可能だ。

環境に優しい家は、人にも優しい。北欧生まれの本物の木の家で、心からの安らぎを手に入れてほしい。

※『Nile’s NILE』2015年11月号に掲載した記事をWEB用に編集し掲載しています

ラグジュアリーとは何か?

ラグジュアリーとは何か?

それを問い直すことが、今、時代と向き合うことと同義語になってきました。今、地球規模での価値観の変容が進んでいます。
サステナブル、SDGs、ESG……これらのタームが、生活の中に自然と溶け込みつつあります。持続可能な社会への意識を高めることが、個人にも、社会全体にも求められ、既に多くのブランドや企業が、こうしたスタンスを取り始めています。「NILE PORT」では、先進的な意識を持ったブランドや読者と価値観をシェアしながら、今という時代におけるラグジュアリーを捉え直し、再提示したいと考えています。